30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

4人家族のごく平凡なパパが、人生を賭け最初で最後の大勝負!不動産投資でセミリタイヤするまでの軌跡を赤裸々に綴っていくブログ。

7年間の下水道料金滞納!?一括請求で高額支払い確定!?

私は2011年に土地を購入して自宅を建て、今年で7年の月日が流れました。

 

そんな中、つい先日市の水道局担当者が自宅を訪れてきました。その日私は仕事でいませんでしたので、妻が対応してくれました。全然関係ないですが、水道局担当者はくまだまさし似だったそうです。

 

 

担当者「水道局の者ですが、お話よろしいでしょうか?」

 

妻「はい、何でしょうか?」

 

担当者「こちらの家は浄化槽ですか?それとも公共下水道でしょうか?」

 

妻「え?ちょっと分からないです。旦那に聞いてみないと。」

 

担当者「そうですか。水道局の方で調べた所おそらく公共下水道と接続してありまして、建築当初から支払いが無く滞納となっているようです。」

 

妻「滞納?どうするのか分からないですし、建築会社がその辺は申請するんじゃないんですか?」

 

担当者「旦那さんにも聞いて頂いて、確認してみてもらいませんか?また後日伺いますので。希望の日にちはいつがよろしいでしょうか?」

 

妻「分かりました。旦那がいる〇〇日でお願いします。」

 

私がその日帰宅してすぐ、その日の話を聞きまずいと思いました。滞納者なんてレッテル貼られたら今後の不動産投資に影響が出てしまうんじゃないかと。

 

どうにか回避策等はないかと早速ネットで調べてみました。すると結構情報が出てきて、どうやら意外とこういう事例が多いというのが分かりました。

 

下水道に関して5年以上前の支払いに関しては、時効にする事が出来る事が分かりました。つまり私が支払う義務があるのは2013年からという事になります。

 

私は新築を建てているので、そういった届け出関係は建築会社の責任ではないかと思いそちらについても調べました。

 

もし、建築会社が届け出していなかった場合、確かに責任を追及することは出来るけど支払い義務はあくまで 建築主=私 ということになるようです。たとえ追及したところで賠償金はたかが知れていて、裁判費用の方が高くつくとの事。

 

正直、下水道使用等の届け出なんて知りませんでしたので

「そんなのは知らなかった、建築会社がちゃんと届け出なかったのが悪い。」

と突っぱねようかとも思いましたが無理そうです。

 

責任があるんじゃしょうがないけど、一括だと高額になりそうだからなんとか分納にしてもらえないか頼もうと考え当日を迎えます。

 

 

担当者「水道局です、下水道の件で伺いました。」

 

私「はい。(ほんとだ、くまだまさしに似てる・・・w)」

 

担当者「奥様からお話があったかと思いますが、こちらの家は浄化槽でしょうか?」

 

私「いえ、下水道だと思います。」

 

担当者「そうですよね、建築当初から下水道使用料金が支払われていなくて滞納ということになっているんですよ。」

 

私「はい、そうみたいですね(苦笑い)」

 

担当者「それで、上司とも相談したんです。この時は東日本大震災がありましたよね?」

 

私「そうですね、大変な思いをしました。」

 

担当者「あの時はこちらも大変でして、そういった事情もあり恐らく申請が漏れてしまったのではないかと考えております。ですので、本来支払って頂かなければいけないのですが特例として今までの支払いは無しという事にしたいと考えております。今回契約用紙を持参しましたので、改めて契約して頂ければと思いますがよろしいでしょうか?」

 

私「え?ほんとですか!?ありがとうございます、そうして頂けると助かります。では、契約書を書きますので少々お待ち下さい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神降臨!!

 

まさかの展開です!東日本大震災の事は考えていませんでした。つまりは水道局にも非があったと感じたようです。7年分が無料だなんて、なんだか罪悪感です・・・税金を納めている市民の皆様には申し訳ございません。

 

 

安心して下さい!次からちゃんと払いますから(´▽`*)

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お金の教養講座 不動産投資スクール 定年後設計スクール 外貨投資・FXスクール 株式投資スクール