30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

4人家族のごく平凡なパパが、人生を賭け最初で最後の大勝負!不動産投資でセミリタイヤするまでの軌跡を赤裸々に綴っていくブログ。

【トラブル発生】夜逃げが遂に発生!?部屋がもぬけの殻だった!

f:id:dragomania8:20181219213001j:plain

 

今年から作戦を「売れる時に高値売却作戦」へ変更し、新築アパート以外は売却依頼をかけています。

 

記事にはしていませんが、2棟目に購入した真岡市アパートも売却に出していました。

 

そんな中、専任媒介契約を結んでいる仲介業者さんから一度現地を確認したいと連絡がありました。

 

私は問題ないことを伝え、現地確認をお願いしました。

 

のちほど仲介業者さんから連絡がありました。

 

 

 

 

仲介業者とのやりとり

 

仲介業者

「お世話になっております。元旦大家さん、先日現地にて売却予定の物件を確認させて頂きました。」

「ひとつ確認なのですが、201号室は現在空室でしょうか?」

 

「201号室ですか?入居中のはずですが・・・?」

 

仲介業者

「あ、そうなんですか?外から見てみたらカーテンもなく電気メーターも回っていなかったもので。何気なく見てみると、ドアにキーがささったままで開いていたんですよ。」

「ちょっと申し訳ないなとは思ったのですが、何かあったのではと思いドアを開けた所部屋の中は荷物ひとつありませんでした。」

 

「え?・・・夜逃げでしょうか?w」

「管理会社に確認してみます。でも、荷物ないんじゃもう戻ってくる気ないでしょうけどねw」

 

早速管理会社へ確認の電話をしました。

 

 

管理会社とのやりとり

 

「お世話になっております。201号室なんですが、先日確認した所どうやら入居者が居ないようなのですが?」

(この時点では、まだ売却予定であることを伝えていませんでしたので自分が確認したかのように話をしています。)

 

管理会社

「201号室ですね、そうなんです。私どもも家賃の入金が無いので、部屋へ行ってみた所もぬけの殻でして荷物は何もありませんでした。恐らく勝手に帰国してしまったんじゃないかと思われます。」

 

「そうだったんですね。」

(じゃぁ早く言えよ!!)

「荷物も無いのであれば、もう戻ってこないと思いますのですぐクリーニングして頂いて募集の方よろしくお願いします。」

 

管理会社

「そうですね、分かりました。すぐクリーニングをして募集をかけたいと思います。」

 

 

実は201号室は外国人の入居者でした。管理会社が言うように、何かしらの事情により帰国したのかもしれませんね。

 

私の中では、外国人=勝手に退去という勝手なイメージがありました。なので、夜逃げかも?となってもさほど動揺はありませんでした。

 

 

今後の対応

 

売却に向けて動いていますので、そんなに力を入れなくてもいいかなと思うんですが万が一でも売却の話がコケる可能性もあります。

 

ですので、売却が本決まりするまでは今まで通りの対応をしていきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 物件売却の関連記事はこちら⇩

物件売却 カテゴリーの記事一覧 - 30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

 

売却予定の真岡市アパート満室ストーリーはこちら⇩

真岡市アパートストーリー カテゴリーの記事一覧 - 30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

 

私の詳しいプロフィールはこちら⇩

元旦大家とは何者なのか? - 30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

 

 

お金の教養講座 不動産投資スクール 外貨投資・FXスクール 株式投資スクール