30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

4人家族のごく平凡なパパが、人生を賭け最初で最後の大勝負!不動産投資でセミリタイヤするまでの軌跡を赤裸々に綴っていくブログ。

合同会社設立前に抑えるべき3つのポイント!個人事業主と扱いの違い

f:id:dragomania8:20181026202037j:plain

 

今法人設立を検討している方は、サラリーマン兼業大家で個人事業主の方が多いと思います。

 

不動産賃貸業は合同会社で設立するほうが断然メリットがあります。

 

関連記事はこちら⇩

不動産賃貸業は、株式会社よりメリットが多い合同会社で法人を作る! - 30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

 

ただし合同会社を設立すると、個人事業主の時と比べ扱いが変わるので頭に入れておきましょう。

 

 

 

 

1.法人税の負担

 

合同会社を設立すると、赤字決算でも法人住民税の均等割り部分の7万円だけは納税しなければなりません。

(都道府県民税の均等割 2万円 と 市町村民税の均等割 5万円 の計7万円)

 

私はこの年間で7万円という金額を聞いて、安いと感じました。起業へのハードルが低くて会社を設立しやすい環境にあると思います。

 

7万円程度の利益が得られないような事業を行うつもりなら、個人事業主のままでやればいい話ですからね。

 

 

2.経理事務負担の増加

 

法人の経理は、とても煩雑化します。そのため、税理士事務所へ記帳や確定申告を依頼する事になり依頼費用がかかってしまいます。

 

個人でも法人経理を出来なくもないでしょうが、サラリーマン兼業大家がやることではないと考えます。費用が抑えられる代わりに、事務処理のために膨大な時間が必要となります。

 

私はそんな事に時間を使うのであれば、プロに任せてその時間に物件を探したり調査したりする方が有意義であるという考えです。

 

なので、会社を設立したら税理士事務所に依頼し自分は経営に専念しましょう。

 

関連記事はこちら⇩

不動産事業に集中したいなら税理士と顧問契約をすべき! - 30代のパパが実践!不動産投資と資産運用でセミリタイアを目指す!

 

 

 3.会社を畳む際にも費用がかかる

 

万が一事業が上手くいかなくなり、会社を畳む際にも費用がかかります。

 

あってはいけない事ですが、知識として覚えておくべきでしょう。

 

 

まとめ

 

個人事業主も合同会社も大差なし!

 

 

個人事業規模が法人化した場合と比べ、同等かそれ以上であれば間違いなく合同会社を設立した方がいいですね! 

 

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事はこちら⇩

 

不動産投資を始めたら、確定申告で青色申告して節税しよう!

個人事業主が課税事業者になったら簡易課税か本則課税か?

不動産事業に集中したいなら税理士と顧問契約をすべき! 

 

 

 

お金の教養講座 不動産投資スクール 外貨投資・FXスクール 株式投資スクール